本文へスキップ

石黒研究室

日本語を考える石黒圭研究室のページ

 難しい文章を速く正確に読めるようになりたい。
 頭にある思いや考えを的確に書けるようになりたい。
 人の話に真剣に耳を傾けられるようになりたい。
 人の心に届く話ができるようになりたい。

そんな思いを持つ人を応援したいと考え、日々試行錯誤している日本語研究者のページです。

ギャラリー

「日本語を考える石黒研究室」にようこそ! 管理者の石黒圭です。よく女性と間違えられますが、昔風に言えば「六尺豊かな大男」です。

まずは、自己紹介を兼ねて、本を紹介します。いずれも「日本語の言語事実に基づいた学問的記述」が基本コンセプトです。研究などの情報については、それぞれのページをご覧ください。

『書きたいことがすらすら書ける!
「接続詞」の技術』

実務教育出版、2016.7

前著『文章は接続詞で決まる』光文社新書では、文章を書くときに欠かせない要素である接続詞について総合的に紹介した、いわば理論書です。さいわい、多くの読者に好意的に迎えられた一方、接続詞を使えるようになるための実践書がほしいという読者の声が寄せられました。

そうした読者の切実な声に応えるべく、問いに答える形で接続詞の実践力をつけていくことを目指した本をようやく出すことができました。

依頼を受けてから出版に至るまでに4年の歳月がかかった難産の本ですが、そのあいだに私の接続詞にたいする考え方も若干の進化を見せており、前著と読み比べてそうした点も味わっていただけると嬉しいです。

『語彙力を鍛える
―量と質を高めるトレーニング―』

光文社新書、2016.5

まとまった文章を書くときも、人前でプレゼンテーションするときも、「語彙が足りない!」と感じる人は少なくないでしょう。ボキャ貧を脱し、語彙力を身につけるには、どうしたらよいのでしょうか。

本書では、
[語彙力]=[語彙の量]×[語彙の質]
と考えます。

とくに大切なのは[語彙の質]です。[語彙力]は[語彙の量」が多いほど、すなわち、語彙をたくさん知っているほどよいと思われがちですが、増やした語彙を文脈に合わせて適切に選び、[語彙の質]を高めることがそれに劣らず重要です。本書では、[語彙の量]を増やし、[語彙の量]を高める方法を[語彙力]の要として詳しく紹介しています。

『心を引き寄せる 大人の伝え方
集中講義』

サンクチュアリ出版、2015.3

 学校で、会社で、サークルで、相手とどんなふうに話してよいか、困るときがあります。そんなときのために、その場にふさわしい「ものの言い方」を集めた本が売れているようです。事実、そうした本は、いろいろな表現が載っていて、重宝します。

 しかし、そうした本に決定的に欠けているのは、どのような基準で「ものの言い方」を選ぶのかという判断基準です。判断基準を誤ると、せっかく選んだ言葉がかえって傷を深めることがあります。

 本書は、話し言葉のコミュニケーションにおいて、相手を不快にさせない判断基準を、豊富な用例とともにお示しする本です。

『「うまい!」と言わせる文章の
裏ワザ』

河出書房新社、2014.4

 日本語の文章を書く人はまじめでルールが好きです。「表記の統一を守って」「1文は短く」「丁寧形と普通形は交ぜないで」文章を書こうとします。

 もちろん、文章のルールを守ることは基本的には大切です。しかし、ルールを後生大事に守ることだけが読者の心に言葉を届ける方法でしょうか。コピーライターもベストセラー作家も、じつはルールの盲点を突いて、新しい表現世界を開拓しているのです。

 本書は、基本となるルールの重要性と、ルール違反の可能性を同時に模索するちょっと欲張りな文章読本です。

イメージ01

『日本語は「空気」が決める
社会言語学入門』

光文社新書 2013.5

「日本社会のなかに日本語がある」ことはよく知られていますが、「日本語のなかに日本社会がある」ことはあまり知られていません。

本書は、社会言語学という学問のおもしろさを知っていただくために、方言、男女差、世代差、敬語、話し言葉と書き言葉の違いなどについて、多岐にわたる日本語の用例を駆使して、「日本語のなかの社会」をあぶりだす本です。

イメージ03

『正確に伝わる!
わかりやすい文書の書き方』

日本経済新聞出版社 2012.12

ビジネス文書に必要な条件は三つです。

①わかりやすさ:ビジネスは時間との闘いなので、ビジネス文書は短時間で、さっと読めるものでなければならない。
②読み手への配慮:ビジネスは良好な人間関係が必須なので、ビジネス文書は読み手を不快にしてはならない。
③目的の明確さ:ビジネスは用件を伴うものなので、ビジネス文書は何のための文書かが明確でなければならない。

本書は、豊富な練習問題をとおして、この三つの条件から文書作成を鍛えます。

イメージ03

『この1冊できちんと書ける!
論文・レポートの基本』

日本実業出版社 2012.2

論文で一番大切なのは、ウソがないことです。ウソを完全になくすことは難しいのですが、ウソを少しでも減らし、厳密な文章を書くにはどうしたらよいかについて、論文の構成と論文の表現に分けて解説した本です。

論文の構成では、問う・調べる・選ぶ・確かめる・裏づける・まとめる、の6段階に整理して論じ、論文の表現では、正確さと明晰さをわかりやすく示しました。

イメージ03

『「予測」で読解に強くなる!』
ちくまプリマー新書 2010.7

私は、博士論文では文章理解における予測の研究をしました。しかし、研究の世界はマニアックすぎて、そのままでは、ふつうの人はなかなか近寄れません。

そこで、博士論文の研究成果を下敷きにしつつ、一般の読者にも文章理解の予測のおもしろさを知ってもらう目的で執筆したのが本書です。本書を読めば、「たしかに予測しながら文章を読んでいた!」「予測が読書のおもしろみを倍増させていた!」ということに気づくはずです。

イメージ03

『「読む」技術
速読・精読・味読の力をつける』

光文社新書 2010.3

文章を理解するというのは、いったいどのような営みでしょうか。

目に入った文字を語彙や文法の知識を使って丁寧に意味を取っていく側面(精読)と、話題から内容の見当をつけてざっと意味を取っていく側面(速読)があるはずです。さらに、勉強あるいは仕事として文章を読むだけでなく、楽しみながら文章を読むこと(味読)もあるでしょう。

文章を読むという営みを、語学的に考えることで、これまで知らなかった「読む」技術の広がりを体感していただく本です。

イメージ03

『スッキリ伝わるビジネス文書
「一読必解」21のルール』

光文社 2010.2

大学の先生がビジネスの本を?と思われるかもしれませんが、よく考えると、職場には同僚がおり、出版社をはじめとするさまざまな取引先があり、学生というお客さまがいるという点で、大学の先生もふつうのサービス業です。

ただ、それでも偏る面はあり、一般の感覚と乖離してしまうおそれがあります。本書の執筆にあたっては、さまざまな生のビジネス文書を集めて分析しました。本書はとくにビジネス文書のスピード感にこだわった本であり、実例を多く集めたぶん、実用性の高い本であると思います。

イメージ03

『文章は接続詞で決まる』
光文社新書 2008.9

おかげさまで12刷を迎えた、私の著作のなかでもっとも受け入れられた本です。おそらく、これまで類書がなかったためでしょう。とくに、翻訳家やIT関係者に興味を持って受け入れられたことが嬉しかったです。

もちろん、接続詞の善し悪しだけで文章が決まるわけではありませんが、接続詞が文章の流れを決めるうえで重要な役割を果たしていることは確かです。

「文と文を接続詞がつなぐ」という発想から抜けだし、「接続詞によって決まる文章の流れを文と文がつなぐ」という発想が手に入れば、それだけで文章技術向上の階段を一段上ったことになるでしょう。

イメージ03

『日本語の文章理解過程における
予測の型と機能』

ひつじ書房 2008.3

430ページという分量からも、8,400円という定価からも、まず専門家しか手に取れない本でしょう。10年以上かけて格闘した博士論文を刊行したものです。

日本語の文章理解における文連続の予測のメカニズムについて、内省に基づく質的アプローチとコーパスに基づく量的アプローチの両面から分析・考察した点に独創性があります。また、文章構成を視野に入れた予測も意欲的に論じた点も、類書にはない目新しさだろうと思います。

イメージ03

『よくわかる文章表現の技術Ⅴ
文体編』

明治書院 2007.10

近代小説や翻訳作品、LOHASな雑誌や論文・レポートなど、ジャンルごとの言語的特徴や、文末のパターンや、繰り返しによるリズムなど、いわゆる文体にかかわる多様な内容を扱った文章表現の技術書です。

本書の刊行によって、日本語学の研究内容を文章作成の実践に生かすという、全5巻シリーズが完結しました。

イメージ04

『よくわかる文章表現の技術Ⅳ
発想編』

明治書院 2006.9

レトリックを扱った本巻は、全5巻のなかでもっとも文学的な色彩の濃い巻です。

比喩を使って豊かなイメージを与える、オノマトペを使って語感に訴える、視点をコントロールして読者にその場にいる臨場感を味わわせる、事実の描写をとおして喜怒哀楽を暗に伝達する、読者に行間を読ませる仕掛けをするなど、かなり高度な内容を盛りこんだレトリックの入門書です。

イメージ04

『よくわかる文章表現の技術Ⅲ
文法編』

明治書院 2005.10

日本人なら、ならわなくても文法は間違えないので、文法を学ぶ必要はないはず。じつは、そんなことはないのです。

「えっ、過去形は過去に使うんじゃなかったの?」「えっ、論文・レポートで受け身を使ってよかったの?」「えっ、否定表現ってかならずネガティブな意味になるんじゃないんだ?」「えっ、丁寧体と普通体を交ぜるのはあり?」「えっ、敬語は丁寧にするためのものじゃないの?」など、常識が次から次へと覆され、目からウロコが快感になる第3巻です。

イメージ04

『よくわかる文章表現の技術Ⅱ
文章構成編[新版]』

明治書院、2004.9[旧版]
 2009.11[新版]

細部にこだわった第1巻とは異なり、第2巻は文章全体という大局を視野に入れた巻です。

文章の書き出し、結末に始まり、タイトルのつけ方、目に浮かぶような描写の方法、相手が知らないことを手際よく伝える説明の方法、疑問文を使った読み手の惹きつけ方から、伏線の張り方まで、実践的な内容を詰めこんだ第2巻です。

イメージ04

『よくわかる文章表現の技術Ⅰ
表現・表記編[新版]』

明治書院、2004.9[旧版]
 2009.11[新版]

私は学部生のとき、留学生の作文の添削をしていました。そのとき、読点の打ち方をどう直したらよいのか悩み、それを卒業論文のテーマにしたのが、私の研究人生の始まりでした。

第1巻はその読点から始まり、語順の文法、漢字と仮名の書き分けへと続きます。そして、省略や話し言葉・書き言葉の違い、文末表現や接続詞、文や段落の長さと論理へと話が広がります。細部にこそ表現の本性が宿るということをとりわけ強く意識しているのが、この第1巻の特徴です。

Profile

石黒 圭(国立国語研究所 研究系 日本語教育研究領域代表・教授、一橋大学大学院 言語社会研究科連携教授)

〒190-8561
東京都立川市緑町10-2 国立国語研究所
phone 042-540-4300(代表)
e-mail

informationお知らせ

2016年8月15日
最新の更新日です。
2013年5月9日
試験的に公開します。 各ページはまだ何も書いてありません。徐々にアップしていきますので、今しばらくお待ちください。

Linkリンク

研究一般のための検索サイト
NDL-OPAC
国立国会図書館 蔵書検索・申し込みシステムです。実際に足を運ぶことはなくても、まずここから探しはじめます。
CiNii
日本語の論文を調べるなら、CiNii(サイニイ)国立情報学研究所の文献検索・閲覧サイトが便利です。本文がウェブ上で読めるもの(無料/有料)があります。
Google Scholar
一方、英語の論文を調べるなら、Google Scholarが便利です。日本語の論文でも最近は精度が上がっています。
ReaD &Researchmap
研究の文献ではなく、研究者を探すときに便利なサイトです。どの研究者が関連が深いかもわかります。
KAKEN
科学研究費助成事業データベースです。Ciniiで引っかからない研究や、Readで漏れてしまっている研究者情報を補えます。
Wikipedia
言わずと知れたWikipedia。学術面では英語、芸能・スポーツでは日本語が役に立ちます。ただし、Wikiは引用のパッチワーク。くれぐれも直接引用はしないようにしてください。
JREC-IN
研究者人材データベースJREC-IN(ジェイレックイン)は、研究者の求人募集のサイトです。日本国内のアカデミックなポストを探すときには欠かせないサイトです。
文章・談話研究の参考サイト
佐久間まゆみ研究室
早稲田大学の佐久間まゆみ氏の研究室です。個人的には研究会でお世話になっています。文章・談話研究の勘所について簡潔に記されているので、文章・談話研究を志す人は最初に覗いてみるとよいサイトです。
オンライン テクスト言語学
上越教育大学の野村眞木夫氏の研究室です。談話分析・テキスト言語学の専門用語・先行研究の情報がたいへん充実しています。
庵功雄のホームページ
一橋大学の庵功雄氏の研究室です。私の同僚で、現実の研究室はとなりどうしです。文章・談話の研究をするさいに重要な文献がいくつも採録されています。
サンキュータツオ教授の優雅な生活
一橋大学で非常勤講師をなさっている漫才師サンキュータツオ氏のページです。笑いと辞書の専門家です。その昔、彼がプロだということを知らず、私の結婚式の二次会で司会をお願いしてしまいました。
飯間浩明のことばのページ
サンキュータツオ氏と同じく、最近、辞書編纂で脚光を浴びている飯間浩明氏のページです。わかりやすい文章の書き方を書かせたら天下一品という方です。もともとのご専門は源氏物語です。
接続詞関係研究文献一覧
北海道教育大学札幌校 日本語学研究室(馬場俊臣氏)のサイトです。接続詞関係の先行研究を調べたかったらここです。膨大な先行研究を丁寧に整理する研究姿勢に頭が下がります。
日本語指示詞研究文献一覧
大阪大学の金水敏氏、京都大学の田窪行則氏、東洋大学の岡崎友子氏を中心とする指示詞研究会のサイトです。指示詞の文献リストが年代別に整理され、指示詞研究者にとってありがたいかぎりです。
日本語データベースの検索サイト
コーパス日本語学のための情報館
コーパスについてのリンク集です。さまざまなコーパスが紹介されており、日本語の文章・談話の分析を、コーパスを使って始めたい方にお勧めです。
少納言
国立国語研究所が中心となって開発している「現代書き言葉均衡コーパス(BCCWJ)」は、その名に違わず、バランスの良さが最大の長所です。その良さを手軽に味わえるのが、この「少納言」です。
NINJAL-LWP for TWC
略称NLTで知られる筑波大学が構築したコーパスは、日本語のウェブサイトのデータベースで、約11億語という大規模コーパスです。国語研などが開発した優れた検索システムNINJAL-LWPを搭載しています。
青空文庫
著作権が消滅した作品を中心に、ボランティアの方々が地道に作りあげたインターネット電子図書館です。著作権がフリーになった名作をオンラインでただで読め、研究にも使えるのは、ほんとうに助かります。
名大会話コーパス
日本語母語話者の自然会話を文字化したデータです。当時名古屋大学にいらした大曾美恵子氏が中心となって開発したものです。無料で使える自然会話のデータは少なく、研究の当たりをつけるときに重宝します。
日本語教育のための検索サイト
日本語教育ネットワーク
国立国語研究所日本語教育研究・情報センターのなかにあるサイトです。国内外の日本語教育研究の核となる機関であり、各種データベースが充実しています。
日本語教育
国際交流基金の日本語教育のサイトです。海外での日本語教育の中心的な機関であり、海外での日本語教育の実態、日本語能力試験、JF日本語教育スタンダード、教材開発の情報が充実しています。
日本語教育学会
日本語教育関係の情報収集を考えた場合、国立国語研究所、国際交流基金にくわえ、日本語教育学会を忘れるわけにはいきません。公益社団法人として、学会のサイトとしてはかなり充実しています。
作文対訳DB
日本語教育研究には日本語学習者の言語活動の記録であるコーパスが欠かせません。作文では、国立国語研究所の宇佐美洋氏が構築した作文対訳DBが有名です。その名のとおり、対訳が整備されており、便利です。
日本・韓国・台湾の大学生による日本語意見文データベース
日本語教育研究に必要な、日本語学習者の作文コーパスに新たな強い味方が加わりました。東京外国語大学の伊集院郁子氏の労作です。
KYコーパス
KYコーパスは日本語学習者の会話コーパスの定番で、90名のOPIテープを文字化した資料です。KYは、中心的な開発者の鎌田修氏(南山大学)と山内博之氏(実践女子大学)の頭文字です。
リーディング チュウ太
東京国際大学の川村よし子氏が中心となって開発した日本語読解学習支援システムリーディング チュウ太。賢いネズミくんが、コピペした日本語の文章を多言語に翻訳し、レベル判定までしてくれます。
TTBJ
日本語教育研究では、日本語学習者の日本語レベルの判定に悩むものです。その判定ツールとして、筑波大学のSPOTが知られていましたが、このたびオンライン版が出たそうです。第二言語習得研究者に朗報です。
日本語教育語彙表
「現代日本語書き言葉均衡コーパス」と「日本語教科書コーパス」を使って、 日本語学習者に必要な日本語教育基本語彙の選定を行ったものです。日本語教師5名による難易度判定がついています。
日本語文章難易度判別システム
文章がどのぐらい難しいかを判定する、いわゆるリーダビリティ(読みやすさ)の判定サイトです。リーダビリティを機械的に判定することは難しい面もありますが、今後のさらなる精度向上が期待されます。
国日協
国日協(国立大学日本語教育研究協議会)のウェブサイトです。全国の国立大学が日本語教育にどのように関わってきたか、その歴史と活動がわかります。私が代表理事を務めていますが、歴代の方が偉い方ばかりだったので少々荷が重いです(苦笑)。