本文へスキップ

石黒研究室

日本語を考える石黒圭研究室のページ

 難しい文章を速く正確に読めるようになりたい。
 頭にある思いや考えを的確に書けるようになりたい。
 人の話に真剣に耳を傾けられるようになりたい。
 人の心に届く話ができるようになりたい。

そんな思いを持つ人を応援したいと考え、日々試行錯誤している日本語研究者のページです。

ギャラリー

研究のヒント


研究について書いた私の雑文、および私の尊敬する研究者の紹介です。興味があれば、ご覧ください。

【研究をめぐる雑文・インタビューなど】
「言語楽のすすめ」 『リレーエッセイ』言語学出版社フォーラム、2008.4
「日本語・日本語教育を研究する 第37回 接続詞の難しさ」『日本教育通信』国際交流基金、2009.8
「ことばパティオ 第27回 「先生」という言葉の語感」『ことばの世界』三省堂Web Dictionary、2009.10
「予測の豊かな効用」『ちくま』473、筑摩書房、2010.8
「場面に「ふさわしい」日本語 身近に感じる言語学」『WEDGE Infinity』、2013.6
「日本語を、肩ひじ張らず自由にする」『BOOKSCAN×著者インタビュー』、2013.10
「言葉遣いで性格もわかる」『YOMIURI ONLINE』2014.3
「視点・論点 日本語の空気」『NHK解説委員会』2014.6
【研究についての覚え書き】

2005年度より一橋大学大学院言語社会研究科第2部門で大学院生の論文執筆をお手伝いするようになり、「研究をする」「論文を書く」ということについて、いろいろと思うところが増えてきました。
ひょっとしたら、一橋の言語社会研究科の第2部門を受験しようとして、私のホームページを覗きに来られた方がいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、大学院で研究をするということについて私がふだんから感じていることを書いておくことにします。まだ、執筆途中ですので、そのつもりでご覧になってください。

研究はエンターテイメントである
研究は自分自身をみがくためにある
研究とは問いを立て、それに答える営みである
投稿で不採用になるのは恥ずかしいことではない
研究の3段階
研究に必要な五つの条件
「書けることを書く」のが論文である
研究論文は説得の物語である