【研究はエンターテイメントである】

 「おもしろくなければ研究ではない」というのが私の基本的な考えです。相手が専門家の場合はもちろん、まったくの素人であっても、知的好奇心の強い人なら「あなたの研究していることっておもしろそうね」と言ってもらえるように研究を組み立てる必要があると思います。

 もちろん、みんながみんな、あなたの研究をおもしろいとおもってくれるわけではないでしょう。人には個性や興味の違いがあるからです。しかし、少なくとも執筆者自身は自分の研究を「おもしろい」と思っていることが大切です。

 多少の自己満足が混じっていてもよいと思います。自分がおもしろくない研究が他人におもしろいはずがありません。自分の頭で考えて発見した思いつきを人に伝えたくなる気持ちが芽生えて初めて研究はスタートするのです。