【研究は自分自身をみがくためにある】

 大学院に進学するということは、研究をして修士論文を書くという目的だけでなく、修士論文を書くことで学位を得るという目的もあります。

 「私は日本語教師になりたい。でも、経験のない者が日本語教師になるためには、大学はもちろん、民間の日本語学校であっても日本語教育関係の修士号は最低必要だと言われた。だから、研究は嫌いだけど、学位をとるためと割り切って大学院に来た」という人がいます。

 しかし、それはたいへん残念なことです。研究は、自分が今やっている活動を対象化し、メタ的な視点から冷静に眺めることができるようになるからです。

 教えるのが好きな人は、自分が教えるということを対象化して研究すれば(いわゆる「アクション・リサーチ」)、教育技術が確実に向上します。「どうやったら学生がおもしろがってくれるだろうか」ということを研究することは、立派な研究なのです