【研究とは問いを立て、それに答える営みである】

 研究とは問いを立て、それに答える営みです。論文の構造自体も、問いに論理的に答えられるようにできています。

第1章 研究の目的:
 筆者が立てた問いが何かを明確に示します

第2章 先行研究と本研究の位置づけ:
 今回立てた問いが先行研究のどこに位置づけられるかを示し、その問いを明らかにする意義を示します

第3章 研究の対象と方法:
 研究の対象が何かを絞りこみ(人・もの・現象・資料)、問いを明らかにするための具体的な調査方法を提示します。

第4章 本論:
 調査結果を示すことをとおして、当初掲げた問いの答えを整理して示します。

第5章 まとめと今後の展望:
 問いの答えが最終的に何であったかを示します。また、今回明らかにできなかったさらなる問いを示します。

 ですから、研究は良質な問いを立てること、これに尽きるわけです。大学院を受験するときに提出する研究計画では、問いを立てる能力を見られていると考えて間違いありません。ただ、そこで難しいのが「良質な問いとは何か」ということです。その必要十分条件を示すだけの力は私にはありませんが、いくつか考えられることを列挙しておきましょう。

@おもしろそうなこと:
 周囲の人の好奇心がそそられ、答えを知りたくなるような問いであること。これが理想です。ただ、「おもしろそう」には主観の相違もありますので、反対につまらなそうな研究を考えたほうがよいかもしれません。もっともつまらなそうな研究は「やらなくても、結果がわかっている研究」です。工学部系の人の話のなかで、「パラメーターを変えれば、別の論文として発表できるよ」などと言うのを耳にすることがあります(もちろん、ごく一部の話だと思いますが)。しかし、そうした業績稼ぎの研究にロマンがあるでしょうか。限られた人生の時間を費やす価値があるでしょうか。意外な結果が得られる研究にぜひ挑戦していただきたいと思います

A 他の人がやっていないこと:
 研究では、すでに誰か明らかにした問いを明らかにしても価値がまったくありません。ケーキであれば、2個めのケーキに(1個めほどでないにせよ)価値がありますが、コンピュータのソフトウェアであれば、1度インストールされてしまえば、そのコンピュータが壊れないかぎり、二つめのソフトウェアに価値はないでしょう。研究はまさにソフトウェアの世界です。先行研究に目を通すという作業も、「自分がやろうとしていることをまだ誰もやっていないことを確認する」という意味合いがもっとも大きいのです。

B他の人にも役立ちそうなこと:
 研究は、当初は自己満足の営みでもよいのですが、論文という形で発表し、人に読んでもらうものである以上、社会的な営みでもあります。ですから、せっかく始めた研究が他の人(研究者であれ教育者であり)の役に立ちそうかどうかという視点は大切です。

C身の丈に合っていること:
 たまに修士論文で壮大な計画を立ててくる人がいますが、時間的にも能力的にも無理なことはやらないほうが賢明です。もちろん、大志を抱くことは大切なことなので、限られた時間や予算のなかで、今回の研究ではどこまでできるかというように、問いを分割していく必要が出てきます。問いにはサイズというものがあります。できもしない目標を掲げるのは避けたほうがよいでしょう。