【投稿で不採用になるのは恥ずかしいことではない】

 以下の文章は、某学会誌の編集後記に書いた文章で、「不採用通知の効用」を説いたものです。私も積極的に発信するようになって、「あっ、間違えてる」「げっ、ウソ書いちゃった」という失敗をしばしばするようになりました。もちろん誤謬は読者に迷惑をかけることになりますので、できるかぎり減らすようには努力しているのですが、基本的には、間違いに気づいたら「ごめんなさい」と言って修正すればよいと思っています。人間は間違えて成長する生き物です。

◇学会誌に論文を投稿すると、郵便ポストが気になりだします。結果がいつ届くか、査読の判定がどうか、気になってしようがありません。ある日ポストを開けてみると、日本語教育学会から届いた一通の薄い茶封筒。イヤな予感がします。開けてみると、「不採用」の文字。一生懸命書いた原稿をボツにするなんて、ひどい。破り捨てたくなります。しかし、待ってください。不採用通知にはさまざまな効用があるのです。

◇一つめ。悔しという気持ちが次の研究活動へのバネになります。目につくところに不採用通知を飾っておくのもよいでしょう。見るたびに闘志が湧き、リベンジしてやるという思いが次の投稿につながります。研究には気力が必要です。

◇二つめ。不採用通知のコメントが研究改善の手がかりになります。それぞれの分野の専門家が、投稿された論文と真剣に格闘して、その論文のどこがダメでどこを直せばよくなるのか、丁寧にアドバイスしてくれている貴重な紙なのです(しかも、タダ!)。頭から血の気が引いたころに見なおしてみると、きっと新たな発見があるはずです。

◇三つめ。研究仲間との同士的なつながりが深まります。大学院生の場合、友人に愚痴るのもよいでしょう。それをきっかけに、仲間内でそのコメントをめぐって勉強会を開催すれば、どんな論文講座よりもご利益があるはずです。また、身近な先生に見せ、あらためて指導をあおぐのもよいでしょう。じつは、偉い先生でも意外と不採用の通知を手にしているものです。不採用の通知をもらうこと自体は恥ずかしいことではありません。不採用になることを恐れて投稿しないことが恥ずかしいことなのです。

◇このコメントはもう私には必要がなくなった。そう明るく思える日が来るときまで、不採用通知は捨てずにとっておかれることをお勧めします。