【研究の3段階】

 研究と一口に言っても、以下の@〜Bの三つの段階があります。自分のやろうとしていることが、そのどの段階にあることなのか、まず考えてみる必要があります。

@対象を記述する:
 基礎研究(記述研究)→新しい事実・法則を「発見」する
 実験をする(化学・生理学など)。観察をする(天文学・生態学など)。資料を収集する(文献学・歴史学など)。

A対象にかんする記述をもとに論を立てる:
 基礎研究(理論研究)→見えない構造を「可視化」する
 数式や表・グラフで説明する(物理学、経済学など)。モデルを作る(社会学、心理学など)。ことばで論理的に説明する(法学、言語学など)。

B立てた論を現実世界に応用する:
 応用研究(医学・心理学では「臨床」と呼ばれる)→成果を社会に「適用」する
 現実世界に役に立たなければ意味がない(工学、看護学など)。学際的な性格を性格を持つことが特徴。

 医学や社会福祉の分野、そして日本語教育の分野でも、理論家と実践家の対立がしばしば起こります。その背景には、AとBの対立があることが多いようです。互いの立場を尊重できればよいのですが、同じ分野にある場合ほど、立場の違いが鮮明になり、対立が深まってしまうのは残念なことです。