【研究に必要な五つの条件】

 以下に述べることは、どの学術分野にも当てはまることです。すべての条件を満たすことはできませんが、できるだけ多くの条件を満たすように心がけると、論文としての質を高めることにつながります。

@客観性:
 研究は誰がやっても同じ結果にならなければなりません。つまり、追試可能でなければならず、そうしたことが方法の面で保証されていなければなりません。単なる思いつき、思い込みは、そのまま論文にはなりません。第三者に読んでもらって、納得してもらえるようなものにする必要があります。

A技術性:
 研究はある特殊な能力を備えている人しか理解できないものであってはなりません。つまり、ある一定の手続きを経た者なら誰でも同じ理解に達するものでなければなりません。そこから記述に際しての言語・文法の統一、用語の定義が求められます。芸術を理屈だけで伝えることはできませんが、論文は理屈だけで伝えることができます。それは、論文作成に技術性があるということにほかなりません。

B体系性:
 研究は行き当たりばったりではいけません。つまり体系だっていなければなりません。自分の研究が研究分野全体のどこに位置づけられているかが明確でなければなりません。その研究テーマ自体は新しいものであるが、それだけやれば終わりで発展性、将来性がないということであれば、そのテーマはやる価値がないものになります。いわゆる「タコツボ」にハマらないように気をつけてください。

C独創性:
 研究はすでに誰かがやっていることであってはなりません。つまり独創的でなければならないということです。そのため、学問をする際には必ず研究史を踏まえ、それを越える必要があります。言い換えるなら、自分なりの発見がなければ論文(というより文章)が書けないということです

D実用性:
 とくに応用研究においては、その研究が当該の分野で直接役に立つものでなければなりません。役に立つためには、理論研究と別のプレゼンテーションの方法が考えられなければなりません。また、役に立つ範囲は狭いよりも広いほうがよいわけで、使用頻度の低いものを研究しても意味が薄いと考えられます。