【研究は説得の物語である】

 研究論文を、機械的で無味乾燥な文章だと思っている人がときどきいますが、それは誤りです。 研究論文は、厳しい査読者に納得してもらうための創作、すなわち「説得の物語」です。

 創作と言っても、絵空事を書くわけにはいかず、事実に基づいたことしか書けません。だからといって、決まりきったことを決まりきったように書けばすむというわけでもないのです。執筆者は、読者をどのように納得させるか、得られたデータを使ってストーリーを組み立てる必要があります。
 舌の肥えたお客に「うまい!」と言ってもらうために、細心の注意を払って素材の良さを引きだすシェフのように、研究者もまた、目の肥えた査読者に「なるほど!」と言ってもらえるように、細心の注意を払って素材の良さを引きだすことに全力を傾けます。

 そのため、どのような手順で査読者にうんと言わせるのか、十分な構想を練る必要があります。そうしてできあがった研究論文は一つの芸術作品であり、一つ一つの要素が必然的に結びつく、精巧な構造を備えています。