【氏名】
 喬 曉筠(キョウ・ギョウイン)

【研究テーマ】
 ビジネス日本語教育

【出身】
 台湾・台南

【経歴】
 台湾大学文学部外国語学科卒業
 一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了
 一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程修了

【学位】
 博士(学術) 2015年7月31日
 博士論文題目「ビジネス・コミュニケーションにおける依頼と断り―日本語母語話者と台湾人日本語学習者との比較から―」
 論文要旨・審査要旨

【現在】
 長栄大学常勤講師(台湾・台南)

【論文】
 喬曉筠(2014)「ビジネス場面に見る敬意表現の使用傾向―日本語母語話者と台湾人日本語学習者の比較―」『日本語/日本語教育研究』5、ココ出版
 喬曉筠(2015)「ビジネス場面における依頼の方法―日本語母語話者と台湾人日本語学習者の共通点と相違点―」『待遇コミュケーション研究』12、pp.18-34、待遇コミュニケーション学会
 喬曉筠(2015)「台湾人日本語学習者のビジネス会話に見られる特徴―日本語母語話者の評価から―」『一橋大学国際教育センター紀要』6、pp.65-78、一橋大学国際教育センター
 

【自己紹介】
 ビジネス場面では、不適切な一語が破綻を招く恐れがあると言われるほどシビアです。仕事上日本語を使う日々の中でそれを痛感し、日本語によるビジネス・コミュニケーションの特徴に関心を持つようになった次第です。現在は、ビジネス関係者の会話を題材に、日本語母語話者と日本語学習者のコミュニケーションのストラテジーや言語表現について分析しています。微力ながらも、いつか自分の研究が日台間のコミュニケーションの役に立つことを願っています。

トップページに戻る