【氏名】
 原田 幸一(はらだ・こういち)
 
【研究テーマ】
 日常会話における言語・パラ言語変異の研究
 
【出身】
 宮崎県
 
【経歴】
 東京大学医学部健康科学看護学科卒業
 横浜国立大学大学院教育学研究科日本語教育分野修士課程修了
 一橋大学大学院言語社会研究科第2部門博士課程単位取得退学

【学位】
 博士(学術) 2015年6月30日
 博士論文題目「言語の機能と変異の関係―若年層の日常会話データをもとに―」
 論文要旨・審査要旨

【論文】
 原田幸一(2010)「現代東京の話しことばにおける言語形式「たしかに」―大学生による日常会話をデータとして―」『社会言語科学』13-1、pp.136-150, 社会言語科学会
 原田幸一(2012)「首都圏若年層の日常会話における「だから」の縮約形」『社会言語科学』15-1、pp.57-72、社会言語科学会
 原田幸一(2013)「一橋大学キャンパスことば調査」『一橋大学国際教育センター紀要』4、pp.109-121、一橋大学国際教育センター
 原田幸一(2013)「大学生の日常会話における形容詞の語幹終止用法」『言語社会』7、pp.341-327、一橋大学言語社会研究科
 原田幸一(2015)「首都圏若年層の日常会話における『違う』の使用―新形式『ちが・ちゃ』に注目して―」『社会言語科学』17-2、pp.68-83、社会言語科学会
 原田幸一(2015)「若年層の日常会話における『トイウカ』の使用―縮約形『てか・つか』に注目して」『日本語の研究』11-3、pp.16-31、日本語学会

【発表】
 原田幸一(2009)「いわゆる「誤り訂正」に失敗した場面の会話分析―マルチリンガル間日本語日常会話を通して―」第32回日本語教育方法研究会,2009年3月21日,神奈川大学(ポスター発表)
 原田幸一(2009)「会話における「たしかに」の特徴と文法化の可能性」2009年度第1回日本語教育学会研究集会,2009年5月30日,宮崎大学(口頭発表)
 原田幸一(2009)「「ぽい」の前接部分を伴わない用法」第8回日本語教育国際研究大会,2009年7月15日,シドニー大学(口頭発表)
 原田幸一(2009)「現代日本語話し言葉における言語形式「たしかに」―大学生による日常会話をデータとして―」第24回社会言語科学会研究大会,2009年9月20日,京都大学(口頭発表)
 原田幸一(2010)「「たしかに」は逆接を導くか―日常会話をデータとして―」第110回関東日本語談話会,2010年5月8日,学習院女子大学(口頭発表)
 原田幸一(2010)「大学生の日常会話における「たしかに」の意味・用法」第37回語彙・辞書研究会,2010年6月12日,新宿NSビル(口頭発表)
 原田幸一(2010)「東京若年層の日常会話における動詞「違う」の使用」日本語学会2010年秋季大会,2010年10月24日,愛知大学(口頭発表)
 原田幸一(2011)「日常会話における接続詞ダカラの使用―単独の「ダ」に注目して―」第27回社会言語科学会研究大会,2011年3月19日,桜美林大学(ポスター発表)
 原田幸一(2011)「言語変化の観点から見るタシカニとナルホドの一側面」2011年世界日本語教育大会,2011年8月21日,天津外国語大学(口頭発表)
 原田幸一(2011)「自分の誤りを自分で訂正するために―同じ順番内での訂正に焦点をあてて―」2011年度日本語教育学会秋季大会,2011年10月9日,鳥取大学(口頭発表)
 原田幸一(2011)「同じ順番内での誤り訂正について」エスノメソドロジー・会話分析研究会秋の研究会大会,2011年10月16日,成城大学(口頭発表)
 
【自己紹介】
 日常会話の分析に興味があります。まだまだ勉強不足で、分析し始めてもなかなか収集がつかなくてオロオロするのですが、今のところ楽しんでやっています。分析には、主に会話分析(CA)を用いています(依然初学者です)。用例を収集し、用法を分析した後は、用法間の関連を考察します。ここには、「用法間には繋がりがあるだろう」という大きな仮説の設定が隠れていますが、とりあえず置いておいて、用法間の関連が見えてきたら、用法変化の道筋を考察します。ただ、考察を進めていくと、(現代の)日常会話の分析だけから変化を追うことに満足が行かなくなり、やっぱり歴史的な文献を調査したくなります。
 興味ある研究分野のキーワードを挙げると、日常会話・変異と変化・会話分析・言語の歴史などです。一緒に勉強しましょう!

トップページに戻る