【氏名】
 赫 楊(カク・ヨウ)

【研究テーマ】
 ファッション誌のオノマトペ(擬音語・擬態語)

【出身】
 中国・天津市

【経歴】
 中国北京大学日本語学科卒業
 一橋大学言語社会研究科第2部門修士課程修了

【現在】
 一橋大学言語社会研究科第2部門博士課程在籍

【発表】
 赫楊(2015)「若者向けファッション誌と大人向けファッション誌におけるオノマトペ使用上の差異」第132回表現学会東京例会、2015年1月24日、共立女子大学

【自己紹介】
 10年以上日本語に恋をしている、日本語学習者の一人です。小学校のとき、日本のアニメの声優に惚れて、「声」としての日本語を認識して、また中学校のとき、「源氏物語」「枕草子」の中国語訳を読んでから日本文学に興味を持ち始めて、「文字」としての日本語を認識しました。魅力的な日本語を勉強し、研究することは少女時代の夢でした。
 今、この研究科にいて、毎日日本語を聞いたり話したりすることができて、夢の中にいるようです。話言葉の中でも文学作品の中でも一番ビビッドな描写力を持っているオノマトペを研究し、自然でふさわしいオノマトペを使いこなせるようになるのは次の目標です。

トップページに戻る