【氏名】
 胡 方方(コ・ホウホウ)

【研究テーマ】
 グループ・ディスカッションにおける合意形成のプロセス

【出身】
 中国・河南・洛陽

【経歴】
 中国洛陽師範学院日本語学科卒業

 中国武漢大学日本語研究科修士課程修了
 中国南陽師範学院日本語学科常勤講師
 東京外国語大学総合国際学研究科研究生修了

【現在】
 一橋大学言語社会研究科第2部門博士課程在籍

【発表】
胡方方(2014)「ピア・リーディング活動における合意形成のプロセス―グループ・ディスカッションの談話データをもとに―」第6回談話分析コロキアム、20141223日、山形テルサ

【自己紹介】
  中国で二年間日本語教師として働いていましたが、自分の実力不足を感じて、日本に留学しようと決めました。以前は特にトレーニ ングを受けずに教えていましたが、こちらに来てから、今まで気づいたことのないことに気がつくようになって、いろいろなことを考 えるようになりました。
  たとえば、実際に教えた時、一番困ったのは読解授業のやり方でした。読解の授業中は教師がひたすら話して、学生が聞くだけという 教師の一方向になりがちでした。どのようにして学生の興味を引くか。どのようにしたら学生それぞれが考えたことを伝え合えるよう な授業になるか。そのようなことを悩んでいました。
   現在、ピア・リーディング授業のデータを取って、学生のやり取りを分析しています。最終的には学生の読解力が上がるプロセスを 見ていきたいです。