【氏名】

  霍 沁宇(カク・シンウ)

 

【研究テーマ】

  日本語上級学習者の文章理解の変容を促すアカデミック・リーディングの授業内対話

 

【出身】

  中国・安徽省

 

【経歴】

  中国大連外国語大学日本語学科卒業

  日本ヒューレット・パッカード株式会社 テクニカルサポート担当

  一橋大学大学院言語社会研究科第2部門修士課程修了

  

【現在】

  一橋大学大学院言語社会研究科第2部門博士課程

【論文】
 霍沁宇(2015)「『三つの対話』を用いた読解授業における日本語上級学習者の読み方の意識変容プロセス」『日本語教育』162、pp.97-112、日本語教育学会

 

【発表】

霍沁宇(2014)「アカデミック・リーディングの授業に関する一考察−上級日本語学習者の読み方の変容プロセスを中心に−」実践的グラウンデッド・セオリー研究会第7回修士論文発表会、2014726日、大正大学

 

【自己紹介】

大学時代の精読の授業をはじめ、今まで受けてきた読解の授業の中で、受験対策で、教師主導型の授業がほとんどでした。そういった授業は初・中級の学習者にとって、日本語の学習などの面において役に立ちますが、上級以上の学習者にとって必ずしもそうではないかと思います。

では、超上級の学習者が役に立つと感じ、かつ満足できるような読解の授業とは何でしょうか。修士段階では、日本国内の大学で行われた多国籍で上級レベルの学習者向けの、対話によるアカデミック・リーディングの授業を調査し、学習者の意識の変容プロセスを明らかにしました。博士段階では、この課題を続け、さらに中国での上級読解教育について考えたいと思います。