【氏名】

井上 裕之(いのうえ・ひろゆき)

 

【研究テーマ】

放送ニュースのことばに関する研究

 

【出身】

神奈川県横浜市

 

【経歴】

一橋大学社会学部卒業(矢澤修次郎ゼミ)

放送局(NHK)入局

一橋大学大学院言語社会研究科第1部門修士課程修了(糟谷啓介ゼミ)

 

【現在】

一橋大学大学院言語社会研究科第2部門博士課程

NHK放送文化研究所 メディア研究部 研究員

 

【共著】

『沖縄戦の絵地上戦・命の記録』(2006 NHK出版)

 

【論文・論考】

井上裕之(2011)「大洗町はなぜ『避難せよ』と呼びかけたのか〜東日本大震災で防災行政無線放送に使われた呼びかけ表現の事例報告〜」『放送研究と調査20119月号』NHK放送文化研究所

井上裕之(2012)「命令調を使った津波避難の呼びかけ〜大震災で防災無線に使われた事例と、その後の導入検討の試み〜」『放送研究と調査20123月号』NHK放送文化研究所

井上裕之(2012)「防災無線で『命令調』の津波避難の呼びかけは可能か〜聞き手に伝わる表現の視点から〜」『放送研究と調査 201211月号』NHK放送文化研究所

井上裕之(2013)「『被災者』ではなく『被災した人』〜東日本大震災のNHK取材者アンケートから〜」『放送研究と調査 20139月号』NHK放送文化研究所

井上裕之(2015)「放送ニュース草創期のリード文の研究〜戦前・戦中のラジオニュース冒頭文の作成過程および変遷を追う〜」(修士論文)

 

【発表】

「『被災者』ではなく『被災した人』〜震災報道で取材者が選んだことば〜」『春の研究発表とシンポジウム』2013314日 NHK放送文化研究所主催

 

【自己紹介】

長年、テレビ局のニュース畑で記者・デスクをしてきました。それをベースに、現在は、ニュースをはじめとする放送のことば全般について学んでいます。

 

トップページに戻る