【氏名】

 岩崎 拓也(いわさき・たくや)

 

【研究テーマ】

 日常会話における副詞的表現に関する研究

 

【出身】

 熊本県

 

【経歴】

 京都外国語大学日本語学部卒業

 吉林華橋外国語学院(中国) 常勤講師

 東北師範大学中国赴日本国留学生予備学校(中国) 常勤講師

 

【現在】

 一橋大学言語社会研究科第2部門修士課程在籍中

 

【発表】

平野宏子,岩崎拓也他(2011)「『精読(初級総合日本語)』の授業で行う体系的音声指導の取り組み」,2011年度日本語教育国際研究大会,20118月,天津外国語大学

岩崎拓也(2014)「大規模コーパスを使用した形容詞と名詞のコロケーションの対照研究 ―日中同形の漢語形容詞「単純」を例にして―」北京日本学研究中心−対照言語行動学研究会 北京共同シンポジウム201420143月,北京日本学研究中心

 

【自己紹介】

日本語教師経験を経て、今現在一橋大学の大学院で学んでいます。

日常会話の中で使用される一語発話的に使用される副詞に興味があり,研究しています。

発話(言語)を中心として捉えるのではなく,発話される場所やもの,話し手や聞き手,その場にいる人といった今までは周辺的な事象として片付けられていたものを含め多角的に捉え,何が起きているのかを考えています。

他にも,日本語教師の養成に関わる研究も行っています。研究者と現場の日本語教師をつなげる研究ができればと思います。