【氏名】
 Olga Pokrovska (オーリガ・ポクロフスカ)

【研究テーマ】
 外国人日本語学習者の読解における誤理解の研究

【出身】
 ウクライナ

【経歴】
 キエフ国立言語大学付属東洋語大学日本語学科卒業
 政策研究大学院大学 日本語教育指導者養成プログラム(修士課程)修了 
 キエフ国立言語大学 日本語及び関連科目の専任講師
 キエフ国立大学 非常勤日本語講師
 ウクライナ日本センター 非常勤日本語講師
 Lviv Polytechnic National University Press 監修・校正委員
 日本電子株式会社テクノサービス 和英露訳・校正担当
 一般社団法人クラッシュジャパン 和英翻訳コーディネーター

【現在】
 一橋大学言語社会研究科第2部門博士課程在籍中

【論文】
 Pokrovska, Olga(2006)「読解ストラテジーの使用から見た物語文の読解過程 −キエフ国立言語大学における読解指導の改善に向けて−」 『日本言語文化研究会論集』2、pp.193-220、日本言語文化研究会
 ポクロフスカ,オーリガ(2013)「接続表現が表す論理関係の中級学習者の捉え方― ウクライナ人大学生の文章理解を例に」『日本言語文化研究会論集 』9、pp.19-35、日本言語文化研究会
 ポクロフスカ,オーリガ(2015)「ウクライナ人中級日本語学習者の読解における文字列分節の課題」『一橋日本語教育研究』3、ココ出版
 ポクロフスカ, オーリガ(2015)「日本語学習者は『語り手』をどう読み取るか―ウクライナ人中級学習者の一人称の省略復元プロセス―」『一橋大学国際教育センター紀要』6、pp.137-149、一橋大学国際教育センター

【著書】
 石黒圭(編著)、熊田道子、筒井千絵、オーリガ・ポクロフスカ 、山田裕美子 (2011)『留学生のための 読解トレーニング ―読む力がアップする15のポイント―』、pp.1-210、凡人社

【発表】
 ポクロフスカ,オーリガ(2012)「外国人日本語学習者の誤理解パターンについて―ウクライナ人学習者に見られるかな表記文頭部分の捉え方―」2012年日本語教育国際研究大会口頭発表、2012年8月19日、名古屋大学
 ポクロフスカ,オーリガ(2014)「中級日本語学習者の読みにおける文字列の分節上の問題について―ウクライナ人大学生を例に―」2014年度日本語教育学会春季大会口頭発表、2014年6月1日、創価大学

【翻訳】
 『みんなの日本語 初級I 翻訳・文法解説ウクライナ語版』スリーエーネットワーク(共訳)、2009.4
 『みんなの日本語 初級II 翻訳・文法解説ウクライナ語版』スリーエーネットワーク(共訳)、2009.4
 石黒圭(編著)、熊田道子、筒井千絵、オーリガ・ポクロフスカ 、山田裕美子 (2011) 『留学生のための 読解トレーニング ―読む力がアップする15のポイント―』(ロシア語翻訳を担当)、pp.1-210、凡人社

【自己紹介】
 日本語がそれを学ぶ人の意識の中でどのように機能しており、どのように生きているか、ということに興味を持っています。具体的には、外国語として日本語を読む中級学習者の「読み誤り」とその原因を研究しています。あらゆる要因が影響しているために一般化しがたいテーマではありますが、読解指導はもちろん、文章作成や翻訳、リーダビリティなどの分野に繋がる研究ができればと思います。

トップページに戻る