【氏名】
 烏日哲(ウリジャ)

【研究テーマ】
 語りの談話における日中対照修辞学的研究

【出身】
 中国・内モンゴル自治区

【経歴】
 倉敷芸術科学大学卒業
 宇都宮大学国際学研究科修士課程修了
 一橋大学言語社会研究科修士課程修了
 一橋大学言語社会研究科博士課程修了

【学位】
 博士(学術)
 博士論文題目「中国語を母語とする日本語学習者の語りの談話における表現と構造」
 論文要旨
 審査用紙

【現在】
 一橋大学国際教育センター非常勤講師

【論文】
 烏日哲(2010)「中国人日本語学習者と日本語母語話者の語りにおける説明と描写について―『絵本との一致度』の観点から―」『日本語教育』145、pp.1-12、日本語教育学会
 烏日哲(2011)「中国語を母語とする日本語学習者の「語り」の冒頭部と終結部における表現的特徴―日本語母語話者と比較して―」『一橋大学国際教育センター紀要』2、pp.23-35、一橋大学国際教育センター
 烏日哲(2012)「中国語を母語とする上級日本語学習者の語りにおける名詞の使用について―日本語母語話者と比較して―」『日本語/日本語教育研究』3、pp.161.172、ココ出版

【著書】
 石黒圭(編著)、有田佳代子・安部達雄・烏日哲・金井勇人・武一美・志賀玲子・渋谷実希・志村ゆかり。筒井千絵・二宮理佳著(2014)『日本語教師のための実践・作文指導』pp.1-224、くろしお出版

【口頭発表】
 烏日哲(2007)「中国人上級日本語学習者の談話における描写と脚色―日本語母語話者と比較して―」第94回関東日本語談話会、2007年9月8日、学習院女子大学
 烏日哲(2007)「絵本の語りにおける描写と脚色―中国人上級学習者と日本語母語話者を比較して―」第92回文体論学会大会、2007年12月1日、早稲田大学
 烏日哲(2009)「中国語を母語とする上級日本語学習者「語り」における「情報言及」―日本語母語話者と比較して」第1回日本語/日本語教育研究会、2009年9月27日、学習院女子大学
 烏日哲(2010)「中国語を母語とする上級日本語学習者の語りにおける接続表現の使用について―日本語母語話者と比較して―」 第108回関東日本語談話会、2010年1月23日、学習院大学

【翻訳協力】
 朱安東(2009)「グローバリゼーションにおける中国の貧富の格差」『中国の格差、日本の格差−格差社会をめぐる日中共同シンポジウム』彩流社 pp.93-101(中国語から日本語へ翻訳)
 『日本語能力試験N1文法スターターズブック』2011年4月 秀和システム(日本語から中国語へ翻訳)
 『日本語能力試験N2文法スターターズブック』2011年7月 秀和システム(日本語から中国語へ翻訳)

【自己紹介】
 好きな学問−日本語を含む語学全般、憧れの職業−教師、この二つをうまくブレンドしてくれたのが第2部門です。日本語、日本語教育だけではなく、言語政策、言語コーパス、日本文化などについても勉強することができて、とても充実しています。
 そのなかでも修士1年の教育実習は「初教壇」で、日本語を教えることの楽しさと難しさをしらしめてくれたと同時に、憧れの職業にも一歩近づけたひと時でした。
 博士論文では、絵本を題材に、中国語を母語とする日本語学習者と日本語母語話者の談話を比較対照し、その表現や構造の違いについて分析しました。中国語を母語とする日本語学習者の談話形成の背景には学習者ならではのストラテジーと母語、母文化の影響が絡み合っていることが明らかになり、深く掘れば掘るほど面白いテーマです。
 石黒ゼミに入って一番変わったことは、「自分で考える力」が養われたことだと思います。今までは発表するのも、レポート書くのも、どこか先生から出された宿題をこなすという感覚がありました。石黒ゼミに入ってからは先生に啓発され、仲間に刺激され、自分の研究に真剣に向き合って、自ら研究を進めることができるようになってきた気がします。