本文へスキップ

石黒研究室

日本語を考える石黒圭研究室のページ

 難しい文章を速く正確に読めるようになりたい。
 頭にある思いや考えを的確に書けるようになりたい。
 人の話に真剣に耳を傾けられるようになりたい。
 人の心に届く話ができるようになりたい。

そんな思いを持つ人を応援したいと考え、日々試行錯誤している日本語研究者のページです。

ギャラリー

ゼミ生の紹介


一橋大学大学院言語社会研究科第2部門の石黒ゼミのメンバーです。国籍は多様ですが、圧倒的に女性が多く、指導教員である私にはない優れた個性を備えたメンバーが揃っています。

【修士課程】(修了後、研究・教育から離れた方はリンクを外しています)
1期生(07年度入学、09年3月修了) ウリジャ
2期生(06年度入学、08年3月修了) 筒井 千絵
2期生(06年度入学、08年3月修了) 劉 時珍
3期生(07年度入学、10年3月修了) 黄 嘉韻
3期生(07年度入学、10年3月修了) 朴 恵美
3期生(07年度入学、09年3月修了) 山田 裕美子
4期生(08年度入学、10年3月修了) Azam Sepehri Badi
5期生(09年度入学、11年3月修了) Sirirut Suntayopas
5期生(09年度入学、11年3月修了) Olga Pokrovska
6期生(10年度入学、12年3月修了) 喬 曉筠
6期生(10年度入学、12年3月修了) 劉 錫榮
7期生(11年度入学、13年3月修了) 耿 立平
7期生(11年度入学、13年3月修了) 赫 楊
8期生(12年度入学、14年3月修了) Océane Naegely
8期生(12年度入学、14年3月修了) 木村 香奈
9期生(13年度入学、15年3月修了) 霍 沁宇
9期生(13年度入学、15年3月修了) 佐野 彩子
10期生(14年度入学) 竹山 一孝
10期生(14年度入学) 渡辺 奈緖子
11期生(15年度入学) 朱 婉華
11期生(15年度入学) 岩崎 拓也
  
【大学院の簡単な紹介】
一橋大学大学院言語社会研究科 第2部門
 一橋大学は、東京都の西、国立市にある社会科学系の国立大学です。新宿駅から中央線で30分ほど、駅から歩いて10分弱の落ち着いた文教地区にあります。一橋大学大学院言語社会研究科は社会言語専攻という1専攻ですが、言語・社会・文化について幅広く研究をする第1部門と、日本に関わることについて集中的に研究する第2部門(日本語・日本文化部門)に分かれます。私が所属する第2部門は、一橋大学言語社会研究科に加え、一橋大学国際教育センター、国立市のとなりの立川市にある国立国語研究所による3者が連携して運営する部門です。第2部門の修士課程の定員は10名、博士課程の定員は4名で、修士課程の場合、一般、留学生、日本語教育経験者の三つの受験枠があります。なお、修士課程の入試時期は9月中旬~下旬で(第2部門は秋入試のみです。第1部門は春入試もあります)、博士課程の入試時期は2月です。

日本語教育学位取得プログラム
 第2部門のなかには日本語教育学位取得プログラムがあり、日本語を教える教師になりたい、日本語教育学について研究したい学生が履修します。毎年7月に説明会が開かれますので、興味のある方は、言語社会研究科のウェブサイトを確かめ、足をお運びください。なお、一橋大学は、留学生の場合、原則として、国費留学生など、公的な奨学金がない学生は研究生になることができません。申しわけありませんが、私費留学生になりたいという方のお問い合わせはお控えください。

学生生活の実際
 修士課程を終了するには、2年間のうちで28単位(14コマ)の授業を履修し、修士論文を提出・合格しなければなりません。授業の数は少ないのですが、大学院の授業は、学部の授業と違って発表ばかりなので、準備が大変です。
 修士課程に4月に入学すると、最初の半年(1年生の夏学期)は授業で忙しいです。6コマ前後の授業を取り、3~4日ぐらい大学に来る学生が標準的です。1年生どうしが仲良くなれるとても大切な時期です。
 次の半年は(1年生の冬学期)は多くの人が教育実習の準備で忙しくなります。4コマ前後の授業を取り、3~4日ぐらい大学に来る学生が標準的です。教育実習のうち、国内は冬学期に学内の国際教育センターで、海外は春休みにベトナムのホーチミン師範大学や台湾の東呉大学で行われます。そのほか、春休みは、修士論文のデータの収集や、就活をする人は就活の準備があり、慌ただしい時期です。
 2年の前半(2年生の夏学期)は修士論文の執筆の準備で忙殺されます。就活をする人はそこに就活が重なりますし、進学を予定する人は質の高い修士論文を書くために目の色が変わります。3コマ前後の授業を取り、2~3日ぐらい大学に来る学生が標準的です。7月には修士論文構想発表会があり、どんな修士論文を書くか、全員のまえでプレゼンをします。
 2年の後半(2年生の冬学期)は修士論文の執筆がいよいよ本格化します。1コマしか授業を取らない人が多く、1~2日ぐらい大学に来ることが多いようです。修士論文の提出は1月です。
 ゼミというのは、ゼミナール(演習)のことです。学生は自分自身の専門性に合わせ、各教員が開くゼミのいずれかに所属し、そこで修士論文(博士課程の学生の場合は博士論文)を書きます。ゼミは、大学院のクラスのような存在で、ゼミの教員はその担任に相当します。上記は、石黒ゼミに所属するメンバーの一覧です。よかったら、ぜひそれぞれのページをご覧ください。