本文へスキップ

石黒研究室

日本語を考える石黒圭研究室のページ

 難しい文章を速く正確に読めるようになりたい。
 頭にある思いや考えを的確に書けるようになりたい。
 人の話に真剣に耳を傾けられるようになりたい。
 人の心に届く話ができるようになりたい。

そんな思いを持つ人を応援したいと考え、日々試行錯誤している日本語研究者のページです。

ギャラリー

石黒の研究紹介

略歴
 1987年3月 神奈川県立横浜平沼高校卒業(1901年開学の元女子校です)
 1989年3月 北海道大学文II系中退(理転を志すも、なぜか一橋に)
 1993年3月 一橋大学社会学部卒業(教養ゼミは田中克彦ゼミ、共通ゼミは松岡弘ゼミでした)
 1995年3月 早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了(所属の日本語日本文化専攻は残念ながらその後廃止に)
 1999年3月 早稲田大学大学院文学研究科日本語日本文化専攻博士後期課程研究指導修了(中村明ゼミでした)
 1999年4月 一橋大学留学生センター専任講師(晴れて日本語教師になりました)
 2004年4月 一橋大学留学生センター助教授(2007年4月より職名が准教授に、2010年2月に機関名が一橋大学国際教育センターにそれぞれ改称)
 2005年4月 一橋大学大学院言語社会研究科兼担(この年に第2部門日本語教育学位取得プログラムが開設されました)
 2013年10月 一橋大学国際教育センター教授(庵功雄氏と同時でした)
 2015年4月 国立国語研究所日本語教育研究・情報センター准教授、一橋大学大学院言語社会研究科連携教授(国立から立川に1駅移りました)
 2015年12月 国立国語研究所日本語教育研究・情報センター教授、一橋大学大学院言語社会研究科連携教授(今に至ります)

学位
 博士(文学) 早稲田大学(論文、2008年)

受賞
 第7回日本語教育学会奨励賞(2009年)

リンクの張ってある「論文」は無料で読めます
 今考えると、つたない出来のものが多くてお恥ずかしいかぎりですが、よかったらお読みください。

著書(単著)
(1)『よくわかる文章表現の技術Ⅰ 表現・表記編』pp.1-248、明治書院、2004.9
  『よくわかる文章表現の技術Ⅰ 表現・表記編[新版]』pp.1-268、明治書院、2009.11
(2)『よくわかる文章表現の技術Ⅱ 文章構成編』pp.1-287、明治書院、2004.9
  『よくわかる文章表現の技術Ⅱ 文章構成編[新版]』pp.1-302、明治書院、2009.11
(3)『よくわかる文章表現の技術Ⅲ 文法編』pp.1-256、明治書院、2005.10
(4)『よくわかる文章表現の技術Ⅳ 発想編』pp.1-304、明治書院、2006.9
(5)『よくわかる文章表現の技術Ⅴ 文体編』pp.1-298、明治書院、2007.10
(6)『日本語の文章理解過程における予測の型と機能』pp.1-430、ひつじ書房、2008.3
(7)『文章は接続詞で決まる』pp.1-256、光文社新書、2008.9
(8)『スッキリ伝わるビジネス文書 「一読必解」21のルール』pp.1-212、光文社、2010.2
(9)『「読む」技術―速読・精読・味読の力をつける』pp.1-264、光文社新書、2010.3
(10)『「予測」で読解に強くなる!』pp.1-176、ちくまプリマー新書、2010.7
(11)『この1冊できちんと書ける! 論文・レポートの基本』pp.1-224、日本実業出版社、2012.2
(12)『正確に伝わる!わかりやすい文書の書き方』pp.1-228、日本経済新聞出版社、2012.12
(13)『日本語は「空気」が決める 社会言語学入門』pp.1-296、光文社新書、2013.5
(14)『「うまい!」と言わせる文章の裏ワザ』pp.1-224、河出書房新社、2014.4
(15) 『心を引き寄せる 大人の伝え方 集中講義』pp.1-272、サンクチュアリ出版、2015.2
著書(共著・編著)
(1)『日本語てにをはルール 知っているようで知らない』pp.1-237、石黒圭編著、阿保きみ枝・金井勇人・喜古容子・木村寛子・熊田道子著、すばる舎、2007.10
  『中経の文庫 日本語てにをはルール』pp.1-255、石黒圭編著、阿保きみ枝・金井勇人・喜古容子・木村寛子・熊田道子著、中経出版、2012.2
(2)『留学生のための ここが大切 文章表現のルール』pp.1-146、石黒圭・筒井千絵著、スリーエーネットワーク、2009.5
(3)『留学生のための 読解トレーニング ―読む力がアップする15のポイント―』pp.1-210、石黒圭編著、熊田道子、筒井千絵、Olga Pokrovska、山田裕美子、凡人社、2011.5
(4)『会話の授業を楽しくする コミュニケーションのためのクラス活動40』 pp.1-244、石黒圭編著、安部達雄・新城直樹・有田佳代子・植松容子・渋谷実希・志村ゆかり・筒井千絵著、スリーエーネットワーク、2011.10
(5)『改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための記述式問題40』pp.1-199(石黒執筆箇所:pp.15-80)、石黒圭、辻和子、星野恵子、アルク、2014.1
(6)『話し言葉と書き言葉の接点』pp.1-292、石黒圭・橋本行洋編著、乾善彦・金水敏・今野真二・定延利之・滝浦真人・田中ゆかり・野田春美・野村剛史・丸山岳彦・屋名池誠・山本真吾著、ひつじ書房、2014.9
(7)『日本語教師のための実践・作文指導』pp.1-224、石黒圭編著、有田佳代子・安部達雄・烏日哲・金井勇人・武一美・志賀玲子・渋谷実希・志村ゆかり・筒井千絵・二宮理佳著、くろしお出版、2014.10
著書(分担執筆)
(1)「第3章 文章を書く」中村明代表編『テキスト日本語表現 現代を生きる表現行動のために』pp.46-77、明治書院、1999.12
(2)「理解過程と読解教育」松岡弘・五味政信編『開かれた日本語教育の扉』pp.162-175、スリーエーネットワーク、2005.2
(3)「接続詞の二重使用とその表現効果」中村明・野村雅昭・佐久間まゆみ・小宮千鶴子編『表現と文体』pp.160-169、明治書院、2005.3
(4)「第1章 講義の談話の分析方法」(佐久間まゆみと共著)、「第7章 講義の談話の接続表現」佐久間まゆみ編『講義の談話の表現と理解』pp.12-27およびpp.138-152、くろしお出版、2010.3
(5)「第Ⅵ章 文章・文体・表現の基礎知識」(「9 要約のルール」「13 改行のルール」を除く)中村明 ・佐久間まゆみ ・髙崎みどり ・十重田裕一 ・半沢幹一 ・宗像和重編『日本語 文章・文体・表現事典』 朝倉書店、pp.282-317、2011.7
(6)「『やさしい日本語』と文章の理解―背景知識の重要性―」庵功雄・イ ヨンスク・森篤嗣編『「やさしい日本語」は何を目指すか 多文化共生社会を実現するために』ココ出版、pp.141-155、2013.10
(7)「指示語にみるニュースの話し言葉性」石黒圭・橋本行洋編『話し言葉と書き言葉の接点』ひつじ書房、pp.115-135、2014.9(上記「著書(共著・編著)」(6)のなかの一編です)
(8)「日本語学習者の意見文に見られる列挙の文章構造の問題点―中国語母語話者と日本語学習者の予告文を比較して―」阿部二郎・庵功雄・佐藤琢三編『文法・談話研究と日本語教育の接点』くろしお出版、pp.223-242、2015.4
(9)「レストランに行ってみたら」定延利之編『私たちの日本語研究―問題のあり方と研究のあり方―』朝倉書店、pp.34-37、2015.5
学会誌論文
(1)「予測の読み ―連文論への一試論―」『表現研究』64、pp.67-74、表現学会、1996.10
(2)「理由の予測 ―予測の読みの一側面―」『日本語教育』96、pp.49-60、日本語教育学会、1998.3
(3)「文間を読む ―連文論への一試論―」『表現研究』67、pp.11-18、表現学会、1998.3
(4)「逆接の基本的性格と表現価値」『国語学』198、pp.114-129、国語学会、1999.9
(5)「予測と笑い ―予測を外すレトリック―」『表現研究』73、pp.23-29、表現学会、2001.3
(6)「換言を表す接続語について ―『すなわち』『つまり』『要するに』を中心に―」『日本語教育』110、pp.32-41、日本語教育学会、2001.7
(7)「序列を表す接続語と順序性の有無」『日本語教育』125、pp.47-56、日本語教育学会、2005.4
(8)「文章・文体(理論・現代)」『日本語の研究』2-3(『国語学』通巻226)、pp. 89-94、日本語学会、2006.7
(9)「砂川有里子著『文法と談話の接点―日本語の談話における主題展開機能の研究―』(くろしお出版、2005年)」『日本語文法』8-2、pp.190-198、日本語文法学会、2008.9
(10)「文章理解における予測研究の方法と可能性」『第二言語としての日本語の習得研究』12、pp.159-173、第二言語習得研究会、2009.12
(11)「談話の『場』によるコ系・ソ系・ア系の指示詞の使い分け」『表現研究』96、pp.3-12、表現学会、2012.10
(12)「論文の書き方 ―査読者との対話としての投稿―」『専門日本語教育研究』14、pp.3-10、専門日本語教育学会、2012.12
公刊論文(紀要など)
(1)「テンの打ち方試論」『ひととことば1994』pp.63-76、ひととことば研究会(早稲田大学)、1995.7
(2)「予測の読み ―予測に働く要因の俯瞰―」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』42-3、pp.211-219、早稲田大学大学院文学研究科、1997.2
(3)「読点と段落の共通性」『ひととことば1995・96』pp.64-82、ひととことば研究会(早稲田大学)、1997.3
(4)「逆接の予測 ―予測の読みの一側面―」 『早稲田日本語研究』6 、pp.21-32、早稲田国語学会、1998.3
(5)「並立の予測 ―予測の読みの一側面―」 『国語学研究と資料』23、pp.13-24、国語学 研究と資料の会(早稲田大学)、1999.12
(6)「否定表現の文脈依存性」 『一橋大学留学生センター紀要』2 、pp.13-23、一橋大学留学生センター、1999.8
(7)「『のだ』に関する一試論」 『一橋大学留学生センター紀要』3、pp.43-58、一橋大学留学生センター、2000.10
(8)「『そして』を初級で導入すべきか」 『言語文化』37、pp.27-38、一橋大学語学研究室、2000.12
(9)「ショートショートに見る予測の読み ―文章全体の構成を視野に入れた予測―」 『国語学研究と資料』24、pp.43-60、国語学 研究と資料の会(早稲田大学)、2001.3
(10)「『意図』とは何か ―『意図』はどのように捉えられてきたか―」 『早稲田大学日本語研究教育センター紀要』14、ウォーカー泉・岡野喜美子・小野正樹・蒲谷宏・熊田道子・西條美紀・寺田智美・中田幸子・浜畑祐子・春名万紀子・久光直子と共著:pp.137-180、石黒執筆分:pp.163-166、早稲田大学日本語研究教育センター、2001.4
(11)「格成分の説明の予測 ―予測の読みの一側面―」 『一橋大学留学生センター紀要』4、pp.39-56、一橋大学留学生センター、2001.7
(12)「句の説明の予測 ―予測の読みの一側面―」 『一橋論叢』126-3、pp.276-289、一橋大学一橋学会、 2001.9
(13)「日本語母語話者の連文の予測能力の実態」 『早稲田日本語研究』10、pp.147-159、早稲田国語学会、2002.3
(14)「説明文読解の方法 ―たどり読みによる文章構造の把握―」 『一橋大学留学生センター紀要』5、pp.17-37、一橋大学留学生センター、2002.7
(15)「『のだ』の中核的機能と派生的機能」 『一橋大学留学生センター紀要』6、pp.3-26、一橋大学留学生センター、2003.7
(16)「中国語母語話者の作文に見られる漢語副詞の使い方の特徴」 『一橋大学留学生センター紀要』7、pp.3-13、一橋大学留学生センター、2004.7
(17)「順接の予測 ―予測の読みの一側面―」 『一橋論叢』132-3、pp.215-234、一橋大学一橋学会、2004.9
(18)「文章理解における『関係の予測』という概念の有効性 ―日本語母語話者の予測の実態調査から―」 『国語学研究と資料』29、pp.3-30、国語学研究と資料の会(早稲田大学)、2006.3
(19)「日中語の品詞のズレ―二字漢語の動詞性をめぐって―」 『一橋大学留学生センター紀要』9、pp.3-13、五味政信、今村和宏と共著、一橋大学留学生センター、2006.7
(20)「接続表現のジャンル別出現頻度について」 『一橋大学留学生センター紀要』12、pp.73-85、阿保きみ枝・佐川祥予・中村紗弥子・劉洋と共著、一橋大学留学生センター、2009.7
(21)「接続詞の機能領域について」 『言語文化』46、 pp.79-94 、阿保きみ枝・佐川祥予・中村紗弥子と共著、一橋大学語学研究室、2009.12
(22)「文章理解における一貫性の把握について」 『一橋大学国際教育センター紀要』2、 pp.3-11 、一橋大学国際教育センター、2011.7
(23)「話し言葉と書き言葉 ―初年次教育の基礎資料として―」 『言語文化』48、 pp.15-35、一橋大学語学研究室、2011.12
(24)「読解とその教え方を考える」『国際交流基金バンコク日本文化センター日本語教育紀要』9、pp.1-18、国際交流基金バンコク日本文化センター、2012.9
(25)「日本語における『省略』の考え方」『New聖書翻訳』1、pp.69-81、一般社団法人日本聖書協会、2014.5
(26)「講義の談話における『が』『けれども』の用法」『一橋大学国際教育センター紀要』5、 pp.3-15 、一橋大学国際教育センター、2014.7
(27)「書き言葉・話し言葉と『硬さ/軟らかさ』―文脈依存性をめぐって―」『日本語学』34-1、pp.14-24、明治書院、2015.1
(28)「大学講義の文末表現の機能―引用助詞『と』で終わる文を例に―」『一橋大学国際教育センター紀要』6、 pp.17-29 、一橋大学国際教育センター、2015.7
(29)「聖書のなかの接続詞―口語訳聖書と新共同訳聖書の比較から―」『New聖書翻訳』2、pp.58-73、一般社団法人日本聖書協会、2015.12
概説・報告
(1)「日本語初級クラス授業体験報告」『ひととことば1998』pp.179~189、ひととことば研究会(早稲田大学)、1999.3
(2)「類意表現の使い分け」中村明編『現代日本語必携』別冊國文學53、pp.191-196、學燈社、2000.11
(3)「「~した。」「~した。」と延々と続く文末の単調さをどう解決したらいいか」『國文學―解釈と教材の研究―』49-7、pp.42-49、學燈社、2004.6
(4)「日本語の時間表現」『本が好き!』1、pp.58-62、光文社、2006.7
(5)「私好きな受身 私嫌いな受身」『本が好き!』2、pp.39-43、光文社、2006.8
(6)「読点のバランス感覚」『本が好き!』3、pp.43-49、光文社、2006.9
(7)「『のだ』のさじ加減」『本が好き!』4、pp.39-45、光文社、2006.10
(8)「『です・ます』形と『だ・である』形の共存」『本が好き!』5、pp.41-47、光文社、2006.11
(9)「比喩表現の広がり」『本が好き!』6、pp.37-43、光文社、2006.12
(10)「否定表現の役割」『本が好き!』7、pp.47-53、光文社、2007.1
(11)「視点のメカニズム」『本が好き!』8、pp.39-46、光文社、2007.2
(12)「書き言葉のなかの方言」『本が好き!』9、pp.51-58、光文社、2007.3
(13)「言葉の多重性」『本が好き!』10、pp.45-52、光文社、2007.4
(14)「ささやかな誇張」『本が好き!』11、pp.47-54、光文社、2007.5
(15)「広がるカタカナの世界」『本が好き!』12、pp.71-78、光文社、2007.6
(16)「人称表現の選択」『本が好き!』13、pp.79-86、光文社、2007.7
(17)「ルビの活用法」『本が好き!』14、pp.79-86、光文社、2007.8
(18)「間接表現の魔力」『本が好き!』15、pp.87-94、光文社、2007.9
(19)「接続詞の創造性」『本が好き!』16、pp.97-104、光文社、2007.10
(20)「漢字の表意力」『本が好き!』17、pp.105-112、光文社、2007.11
(21)「感覚に訴えるオノマトペ」『本が好き!』18、pp.113-120、光文社、2007.12
(22)「繰り返しの心理」『本が好き!』19、pp.117-124、光文社、2008.1
(23)「書き言葉のなかの声」『本が好き!』20、pp.71-78、光文社、2008.2
(24)「言語楽のすすめ」 『リレーエッセイ』言語学出版社フォーラム、2008.4
(25)「オノマトペとは」『國文學―解釈と教材の研究―』53-14、pp.24-32、學燈社、2008.10
(26)「シンポジウム『講義の談話の表現から理解へ―』を終えて」『表現研究』88、pp.1-4、表現学会、2008.10
(27)「特集『作文教育のための語彙研究』について」(西條美紀・仁科喜久子・松見法男と共著)『日本語教育』pp.1-3、日本語教育学会、2009.1
(28)「日本語表現の基本ルール」(上田真緒と共著)『日経ビジネスAssocie』8-4、pp.68-75、日経BP社、2009.2
(29)「日本語・日本語教育を研究する 第37回 接続詞の難しさ」『日本教育通信』国際交流基金、2009.8
(30)「ことばパティオ 第27回 「先生」という言葉の語感」『ことばの世界』三省堂Web Dictionary、2009.10
(31)「書くときの舞台裏」『日本語学』29-2、pp.2-11、明治書院、2010.2
(32)「『情報を伝える機能』を一読必解で 『感情を伝える機能』を政治的公正性で」『Omni-management』19-5、pp.16-19、日本経営協会、2010.5
(33)「要約する言語活動」『指導と評価』56-6、pp.16-19、図書文化、2010.6
(34)「予測の豊かな効用」『ちくま』473、筑摩書房、2010.8
(35)「表現教育の可能性」『成城大学共通教育論集』4、pp.185-235、成城大学共通教育研究センター、2012.3
(36)「翻訳した文章を『自然な日本語』にするコツ」『通訳翻訳ジャーナル』252、pp.32-35、イカロス出版、2013.1
(37)「読者へのすすめ―解題にかえて―」林四郎『文の姿勢の研究』pp.441-446、ひつじ書房、2013.11
(38)「感度を高める言葉の教育(1) 言葉の「なぜ」を考える」『指導と評価』60-4、pp.36-38、図書文化社、2014.4
(39)「感度を高める言葉の教育(2) 学術専門語の特徴」『指導と評価』60-5、pp.37-39、図書文化社、2014.5
(40)「感度を高める言葉の教育(3) 専門語の語構成と生産性」『指導と評価』60-6、pp.39-41、図書文化社、2014.6
(41)「感度を高める言葉の教育(4) 分野共通語彙・特殊語彙」『指導と評価』60-7、pp.36-38、図書文化社、2014.7
(42)「感度を高める言葉の教育(5) 辞書の弊害と可能性」『指導と評価』60-8、pp.38-40、図書文化社、2014.8
(43)「感度を高める言葉の教育(6) 小学校の専門語」『指導と評価』60-9、pp.39-41、図書文化社、2014.9
(44)「感度を高める言葉の教育(7) 留学生はオノマトペが苦手」『指導と評価』60-10、pp.45-47、図書文化社、2014.10
(45)「感度を高める言葉の教育(8) 中国人留学生の感覚」『指導と評価』60-11、pp.42-44、図書文化社、2014.11
(46)「感度を高める言葉の教育(9) 辞書の意味からわかること」『指導と評価』60-12、pp.40-42、図書文化社、2014.12
(47)「感度を高める言葉の教育(10) 現代語に残る文語表現」『指導と評価』61-1、pp.42-44、図書文化社、2015.1
(48)「感度を高める言葉の教育(11) 丁寧形と普通形は混ぜられる」『指導と評価』61-2、pp.40-42、図書文化社、2015.2
(49)「感度を高める言葉の教育(12) 四種類の普通体」『指導と評価』61-3、pp.39-41、図書文化社、2015.3
(50)「感度を高める言葉の教育(13) 内包と外延」『指導と評価』61-4、pp.41-43、図書文化社、2015.4
(51)「感度を高める言葉の教育(14) コソアの力」『指導と評価』61-5、pp.42-44、図書文化社、2015.5
(52)「感度を高める言葉の教育(15) 聞き間違いはなぜ起きるか」『指導と評価』61-6、pp.41-43、図書文化社、2015.6
(53)「日本語教育学の研究の進め方―指導経験・投稿経験から見えてくるもの―」『一橋大学国際教育センター紀要』6、 pp.151-165 、栁田直美と共著、一橋大学国際教育センター、2015.7
(54)「感度を高める言葉の教育(16) 上位語と下位語」『指導と評価』61-7、pp.40-42、図書文化社、2015.7
(55)「感度を高める言葉の教育(17) 有標と無標」『指導と評価』61-8、pp.43-45、図書文化社、2015.8
(56)「感度を高める言葉の教育(18) 言葉の習得」『指導と評価』61-9、pp.41-43、図書文化社、2015.9
(57)「感度を高める言葉の教育(19) 対義語の複雑さ」『指導と評価』61-11、pp.43-45、図書文化社、2015.10
(58)「感度を高める言葉の教育(20) 言葉の組み合わせ」『指導と評価』61-11、pp.38-40、図書文化社、2015.11
(59)「感度を高める言葉の教育(21) 理解語彙と使用語彙」『指導と評価』61-12、pp.41-43、図書文化社、2015.12
(60)「感度を高める言葉の教育(22) 言葉のアクセント」『指導と評価』62-1、pp.40-42、図書文化社、2016.1
(61)「感度を高める言葉の教育(23) 形容詞の意味変化」『指導と評価』62-2、pp.41-43、図書文化社、2016.2
(62)「感度を高める言葉の教育(24) 言葉の機能と意味変化」『指導と評価』62-3、pp.41-43、図書文化社、2016.3
(63)「感度を高める言葉の教育(25) 臨時一語の機能」『指導と評価』62-3、pp.39-41、図書文化社、2016.4
口頭発表・講演
(1)「文法から見た表現選択の可能性 ―省略について―」早稲田大学国語学会、1996.6.24、早稲田大学
(2)「文間を読む ―連文論への一試論―」第34回表現学会全国大会、1997.6.7、奈良教育大学
(3)「小説の文間 ―描写文に見られる文間の特徴―」第72回日本文体論学会全国大会、1997.11.15、関西大学
(4)「換言を表す接続語句について ―『すなわち』『つまり』『要するに』を中心に―」第12回日本語文法談話会、1999.12.12、一橋大学
(5)「逆接を表す接続助詞『ても』『のに』『くせに』の論理的性格 ―動かしがたい逆接、受け入れがたい逆接、許しがたい逆接―」日本語文法学会第一回設立記念大会、2000.12.10、京都教育大学
(6)「中国語母語話者の作文に見られる漢語副詞の使い方の特徴」一橋大学国際共同研究センター第4プロジェクト企画国際研究シンポジウム、2004.3.27、一橋大学
(7)「日中両言語の二字漢語の品詞のズレ ―名詞と動詞の境界をめぐって―」(五味政信・今村和宏との共同発表)第7回専門日本語教育研究会研究討論会、2005.3.5、群馬大学
(8)「文章構成における『転』について」表現学会東京例会、2005.4.30、共立女子大学
(9)「テキストの線条性と多重性」第42回表現学会全国大会、2005.6.5、香川大学
(10)「接続詞研究の一視点 ―接続詞の範囲指定機能―」第84回関東日本語談話会、2006.1.28、学習院女子大学
(11)「ノートから見た講義理解の方法」西條美紀・渡辺文生・中井陽子・石黒圭・藤村知子『講義の談話構造と受講者の行動から見た講義理解の方法』2006年度日本語教育学会秋季大会パネルセッション、2006.10.8、熊本県立大学
(12)「予測―予測を意識した聴解指導のために/予測力を高めるための教室活動」2007年度日本語教育学会春季大会シンポジウム「聴解教育の方法と可能性」パネリスト、2007.5.26、桜美林大学
(13)「接続表現の機能領域について」名古屋外国語大学日本語学科講演会講師、2007.11.8、名古屋外国語大学
(14)「文章理解における予測研究の方法と可能性」第10回日本語教育学会研究集会(中国地区)講演、2007.12.1、広島大学
(15)「講義の談話の表現から理解へ―」第45回表現学会全国大会シンポジウム司会、2008.6.8、愛知学院大学
(16)「文章理解における予測の広がり」文部科学省大学院教育改革支援プログラム(神戸大学国際文化学研究科)「文化情報リテラシーを駆使する専門家の養成」主催セミナー講演、2010.3.2、神戸大学
(17)「表現教育の可能性」公開FDワークショップ'10講演、2010.12.4、成城大学
(18)「講義の構造・表現・理解―展開とポイントを知る方法―」筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター研修会講師、2011.1.22、コンファレンススクエアM+(東京都千代田区)
(19)「論文・レポートの日本語をみがく―読者に内容を的確に伝えるために― 」国立遺伝学研究所セミナー講演、2012.2.27、国立遺伝学研究所
(20)「独話・対話・文章対照コーパスの構築と利用― 『動的コーパス』の構想―」『日本語教育研究リソースとしてのデータベースの構築と利用』東京外国語大学留学生日本語教育センター附属日本語学校と教材開発センター統合20周年記念国際シンポジウム「これからの教材開発・教育リソース研究を考える」パネリスト、2012.3.2、東京外国語大学
(21)「社会科学系基礎文献における語彙と表現―頻度と共起の様相―」(今村和宏との共同発表)第14回専門日本語教育学会研究討論会、2012.3.3、一橋大学
(22)「生理学のレポートに見られる文末の述語のテンスとアスペクトの使用傾向」第14回専門日本語教育学会研究討論会、2012.3.3、一橋大学
(23)「コーパスから予測文法を考える」東京大学日本語教育連絡協議会講演、2012.3.8、東京大学
(24)「予測を生かした四技能の活動」「予測を生かした読解理論と読解活動」国際交流基金バンコク日本文化センター日本語教育セミナー講師、2012.3.24-25、国際交流基金バンコク日本文化センター(タイ・バンコク)
(25)「独話における接続詞『で』の出現をめぐって」学習者コーパスから見た日本語習得の難易度に基づく語彙・文法シラバスの構築研究発表会、2012.5.12、国立国語研究所
(26)「指示詞の使用に見る独話のジャンル性」第49回表現学会全国大会シンポジウム「広がる指示詞の世界―表現の『場』から指示詞を考える―」パネリスト、2012.6.2、共立女子大学
(27)「講義に現れる接続詞と接続助詞―その微妙な関係―」第4回「東西文化の融合」国際シンポジウム講演、2012.6.17、大東文化会館ホール
(28)「留学生の文章表現の問題点―書き出しの文をめぐって―」IJSコロキウム2013-2&KISC第29回コロッキアム講演、2013.3.3、神戸大学
(29)「中国人日本語学習者の作文に見る接続表現」「論文の書き方」国際交流基金北京日本文化センター・中国教育部高等教育出版社共催 第8回全国大学日本語教師研修会講師、2013.7.22-23、長春長白山海航賓館(中国・吉林省長春)
(30)「講義の談話の単位と展開」日本語学会2013年度秋季大会ワークショップ司会、2013.10.26、静岡大学
(31)「日本語の独話における接続詞『で』の機能」日本英語学会第31回大会シンポジウム講師、2013.11.10、福岡大学
(32)「談話研究からみた話し方教育への示唆―学習者はディスコースマーカーをどのように身につけるのか―」日本語文法項目用例文データベース『はごろも』研究会公開シンポジウム「談話研究から文法教育へ」パネリスト、2013.12.23、東洋大学
(33)「読解授業の教室活動」ひょうご日本語教師連絡会議第34回講演、2014.6.14、国際健康開発センタービル (神戸市)
(34)「大学講義の文末表現」関西言語学会第39回大会招聘発表、2014.6.15、大阪大学豊中キャンパス
(35)「日本語を母語としない生徒にとっての『文章理解の壁』2014 年度 日本語教育学会秋季大会パネルセッション司会、2014.10.11、富山国際会議場
(36)「母語話者・学習者の作文執筆プロセスにおける修正の諸相」第56回NINJALコロキウム講演、2015.2.17、国立国語研究所
(37)「語彙シラバスと文章理解」学習者コーパスから見た日本語習得の難易度に基づく語彙・文法シラバスの構築公開シンポジウム「シラバス作成を科学にする ―日本語教育に役立つ多面的な語彙シラバスの作成―」基調講演、2015.2.22、国立国語研究所
(38)「『三つの対話』を用いた読解授業における日本語上級学習者の読み方の意識変容プロセス―2名の非漢字圏上級学習者を中心に―」NINJAL国際シンポジウム「現場を支える日本語教育研究―学ぶ・教える・評価する―」、2016.1.23、国立国語研究所(霍沁宇氏と共同発表)
(39)読解授業における三つの対話―協働学習の談話データから―」NINJAL国際シンポジウム「現場を支える日本語教育研究―学ぶ・教える・評価する―」、2016.1.23、国立国語研究所(田中啓行、布施悠子、胡方方と共同発表)
(40)「コミュニケーションの考え方」スペイン日本語教師会第7回研修会、2016.2.6、Residencia de Estudiantes(スペイン・マドリード)
(41)「接続詞に透けて見えるジャンルの不思議―商学・経済学・法学・社会学・国際政治学の違いを例に―」NINJALフォーラム第9回「ここまで進んだ!ここまで分かった!国立国語研究所の日本語研究」、2016.3.5、一橋大学一橋講堂
(42)「話し言葉と書き言葉」第12回話しことばの言語学ワークショップ招待講演、2016.3.18、東京外国語大学
(43)「日本語教育の世界を表す語彙と表現―日本語教育学専攻の修士論文データベースからわかること―」データに基づいた日本語教育のための語彙・文法研究会公開シンポジウム「コーパスから始まる例文作り」基調講演、2016.3.21、聖心女子大学
研究プロジェクト
(1) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:浜田麻里「運用力養成を目指した文法シラバス作成のための談話・文章の総合的研究」(研究分担者)(2000~2003年度)
(2) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:五味政信「中国語母語話者に対する社会科学系専門日本語教育のための教材開発」(研究分担者)(2003~2006年度)
(3) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:西條美紀「学際的アプローチによる大学生講義理解能力育成のためのカリキュラム開発」(研究分担者)(2004~2006年度)
(4) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:宇佐美洋「日本語学習者の書き言葉に関する対照言語学的・文章論的研究」(研究分担者)(2005~2006年度)
(5) 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B) 研究代表者:石黒圭「作文教材開発のための『談話展開指標』の研究」(2006~2008年度)
(6) 文部科学省科学研究費補助金 萌芽研究 研究代表者:五味政信「社会科学の学術日本語能力測定試験開発のための基礎的研究」(研究分担者)(2007~2009年度)
(7) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究代表者:佐久間まゆみ「大学学部留学生のための講義の談話に関する研究」(研究分担者)(2011~2013年度)
(8) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)研究代表者:石黒圭「日本語母語話者と中国人日本語学習者の作文・独話・対話に見る接続詞使用の対照研究」(2011~2013年度)
(9) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:五味政信「日本語を母語としない外国人生徒の読解力を育成するための基礎的研究」(研究分担者)(2012~2014年度)
(10) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:澤田浩子「日本語学習者の母語場面・接触場面を対象とした対話コーパスの構築と分析」(研究分担者)(2013~2015年度)
(11) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:金井勇人「テキストの結束性を重視した母語別作文コーパスの作成と分析」(研究分担者)(2013~2015年度)
(12) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究代表者:村岡貴子「大学・大学院でのキャリア形成に資する在学段階別日本語ライティング教育の開発と評価大学・大学院でのキャリア形成に資する在学段階別日本語ライティング教育の開発と評価 」(研究分担者)(2014~2017年度)
(13) 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:今村和宏「社会科学系基礎文献における語彙の分野横断的包括分析調査とWeb辞書の試作」(研究分担者)(2014~2016年度)
執筆協力・編集協力
(1) 中村明編『感覚表現辞典』、東京堂出版、1995.4
(2) 一橋大学留学生センター編『一橋大学学術日本語シリーズ2 留学生のための日本語教科書 社会科学への道しるべ 分冊B』一橋大学留学生センター、1998.3
(3) 一橋大学留学生センター編『一橋大学学術日本語シリーズ6 留学生のための日本語教科書 中村政則が語る歴史学、そして日本』一橋大学留学生センター、2001.3
(4) 小池清治・小林賢次・細川英雄・山口佳也編集『日本語表現・文型事典』、朝倉書店、2002.10
(5) 一橋大学国際共同研究センター第4プロジェクト編『日中両言語の重なりと異なり―日本語教育の現場から―』一橋大学国際共同研究センター、2004.7
(6) 一橋大学留学生センター著『留学生のための ストラテジーを使って学ぶ文章の読み方』スリーエーネットワーク、2005.10
(7) 日本語教育学会編『新版 日本語教育事典』大修館書店、2005.10
(8) 中村明・芳賀綏・森田良行編『三省堂類語新辞典』三省堂、2005.11
(9) 一橋大学留学生センター編『一橋大学学術日本語シリーズ11 留学生のための日本研究案内』一橋大学留学生センター、2007.11
(10) 日本語記述文法会編『現代日本語文法7 第12部 談話 第13部 待遇表現』くろしお出版、2009.6
(11) 一橋大学留学生センター編『一橋大学学術日本語シリーズ12 人文・社会科学系留学生のための研究発表の方法』一橋大学留学生センター、2010.3